FC2ブログ
内奥に潜む母なる自然の源泉に気づいて
2017年07月08日 (土) | 編集 |
どうでもいいことやくだらないことに気を取られ、想像の時間を減らすのはもったいない。
考えても仕方ないことやどうにもならない事からは、なるべく距離を置こう。
ネットのおかげで様々な情報を得られるようになったのはいいが、色んな事に口出ししてしまう人も増えた。
考えなしに他人の世界に口出ししている人が多くなって、世の中を生き難く感じている人もいると思います。
まるで皆が皆を監視し合い、首を絞め合っているようです。
仕事や自分の専門分野など自分に関することならいいが、人はそんなに広い世界の事を全て理解し、受容し、厳守し、生きることは出来ない。
現実の事を想像するには、それなりの知識や経験が必要です。
見識を広める為に、いろんな事について調べ、考えたいと思っているのならまだしも、ただ批判するくらいなら興味のない事は、興味のないままで良い。
興味がないと言って、わざわざ関わろうとするのは、自分から苦しみに行っているのと同じです。
自分の問題から目を逸らす為に、社会正義に夢中になってしまう人は少なくない。
気に入らない人や物事を叩いたところで、何にもならない。
自分を苦しめるだけです。
自分の想像を楽しみ深め、活力を溜めることの方が有益です。
まずは自分の問題やどうしたら幸せになれるかについて向かい合った方が良い。
想像を心から楽しんでいれば、そういう意識が自然と身についていくでしょう。
そして、それに気づく事も大事です。
自分にとって何が大事な事か。
それを考え、気づいて行けるのなら、どんな行為も無駄にはならない。
無駄だと気づけるのも有益です。
初めから自分にとって何が大事か何が無駄かを分かっている人などいない。
私自身、今までの自堕落な生活がもったいないと思ったこともあります。
ですが、想像の力に気づく事でこんなに幸せな気持ちを得られたのなら、今までの事も無駄ではないと、その為に必要だった事なのだと、想像を深める事によって気づけました。
自由に想像する事で今まで気づかなかった事に気づき、考えられるようになります。

望む人生を手に入れる 「自分」との向き合い方。





関連記事
スポンサーサイト
テーマ:幸せに生きる
ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可