現実を辛く苦しいと感じている人へ 想像を自由に心から楽しむだけで、生きるのは楽しくなる
2017年07月04日 (火) | 編集 |
宗教の活動や神を祭る行事は、想像を信じる力を強くする効果があり、そうすることで想像の世界の存在を強くする効果があります。
現実の不安のある世界ではなく、想像の安心できる世界の存在を。
それは今でも変わらない。
ですが、一つの想像世界に強制しようとすれば、それは争いの元になります。
人それぞれが、それぞれの想像の世界を持っているのです。
想像でも現実でも強制しようとすれば、苦しみが生まれる。
現実を自由に出来ない以上、想像まで自由でなければ、人は自由を失うと言っていい。
それが、どれだけ恐ろしい事か。
想像まで一緒になっては機械と同じです。
人は機械的に生きることなど出来ない。
生きる活力を失い、一生苦しむか、自暴自棄になるでしょう。
人に想像の世界は必要です
しかし、それは自由で安心できなければならない。
だからこそ宗教とて一つではなく、様々な種類が生まれ、分かれてきました。
同じ宗教でも、必ず違った世界観を人は想像している。
人それぞれに合った想像世界がある。
信じる事で楽しく幸せで安心した気持ちになる想像世界が必要なのです。
宗教を目に見える形で信仰していないと意味がないと思っている人は多い。
ですが、想像がそうであるように目に見えなくとも、心の中で信仰するだけで意味があります。
むしろ、目に見える形の信仰に囚われて、心から信仰を出来なくなるなら、そんな事はしない方が良いかもしれない。
信仰というのは想像です。
中には目に見えなくとも、信仰が現実以上に力を与えてくれると知っている人がいる。
想像も同じだと思います。

いろんな症例と治し方が載っていて、実感しやすかったです。
性格だから仕方ないと思っている人は多いと思いますが、成長できるという事を知っておくと良いかもしれません。

あがり症のあなたは〈社交不安障害〉という病気。でも治せます!



ペットの健康をトータルサポート
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:幸せに生きる
ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可