現実を辛く苦しいと感じている人へ 想像を自由に心から楽しむだけで、生きるのは楽しくなる
2017年06月27日 (火) | 編集 |
想像と現実は違うといっても、切り離すことは出来ません
しかも、外から見てまったく区別が付かない。
これが私達の目を眩ませる。
実際には分かっていないのに他人の考えを理解しているつもりになったり、同じ環境に生きるなら同じモノを見て同じ気持ちになるのが当たり前だと錯覚します。
ですが、環境や世界が同じでも、想像は違う。
想像が違えば、世界も違うのです。
実際に多くの人の考えが見られる現代で、同じ世界に住んでいるとは思えないと感じる事が多々あると思います。
他人の想像は外から見れない。
分かるのは自分の想像と現実の違いだけです。
想像は独自に存在するものではなく宇宙や地球、生命が生まれ、進化を遂げて出来るようになりました。
宇宙によって生み出されたと言ってもいいかもしれません。
さらに周りから様々な影響を受けたり、学ぶことによって想像は豊かになります。
自由に想像が出来るとはいえ現実や物理世界の影響を受けないわけではないが、影響を認識することで出来るだけ離れたり、選ぶことは出来る。
影響が強すぎると凝り固まった思想が想像の邪魔をし、辛く、つまらないものになるでしょう。
かと言って、現実や物理世界を詳しく知る事が悪い事とはならない。
なぜなら、それらはさらに選択肢や想像を広げ、糧になるからです。
無意識に影響を受けている事を全て知るのは至難の業だが、意識すれば気づく事もある。
想像と現実を区別し、少しでも自分で選び、想像を自由で楽しいものにしよう。

認知行動療法の事が分かり易く書いてありました。
認知行動療法は精神疾患を患っていない人にも必要な事だと思います。

認知行動療法のすべてがわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)



子どもの成長にカルシウム入り青汁「グリーンミルク」

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:幸せに生きる
ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可