FC2ブログ
内奥に潜む母なる自然の源泉に気づいて
2017年06月26日 (月) | 編集 |
研究者やプロになる人の中には、対象に関して常に考え、想像してしまう人がいます。
その人にとって休みとは出来るだけ取りたくはないが必要だから取るという物になる。
ゲームなどの遊びに嵌ったことのある人は経験があるかもしれない。
出来る事ならずっと遊んでいたい、食事や睡眠の時間が勿体無い、疲れなければ休みを取らずにずっと遊んでいられるのに。
それと似ています。
研究者やプロになる人は、人生を掛け本気で遊んでいるのです。
そして、それだけ打ち込み、想像出来る物を見つけた。
かといってそういう人たちが必ずしも幸せという訳ではない。
想像だけでなく現実でも追い求め、実現していくあまり、現実に呑み込まれてしまう。
想像より現実に意識が傾き、バランスが崩れ、精神や体調をおかしくしてしまう人も多い。
自己顕示欲や承認欲求が肥大化し、自分をコントロール出来なくなってしまう人もいる。
想像によって力を溜められず、現実に力を吸われるばっかりになってしまうのです。
どんな時も想像を楽しむこと、想像の力を忘れてはいけない。
想像を楽しめるようになると失敗もそんなに苦じゃなくなる。
失敗から学んだり、さらに想像を膨らまし、自分の糧にする余裕が出てきます。
失敗を恐れるあまり、失敗することや暗いことばかりに気を向け、それを想像することが現実的で、成功することや楽しいことばかり想像することは楽天的であり、逃げだと考える人は多い。
しかし、想像すること自体は悲観的だろうと楽天的だろうと現実を正確に捉えてる訳ではない。
想像と現実は違うのです。
優秀な人の多くは想像力が高く、想像によって苦境を乗り越えている。
ただ問題点を見つけているだけでなく、想像によって苦しみを緩和し、変換し前へ進む力としているのです。
それが自然と出来ている為、多くの人は気づかず苦しむ事が良い事だと思ってしまう。
そうして精神を病んでしまう人は多い。
想像を使って苦しみを乗り越える力を付けなければ、ただ苦しいだけで何にもならない。

想像して創造する 望み通りの未来を創るイマジネーション力



紀州の梅干しを贈りものに【坂口農園】
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:幸せに生きる
ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可