現実を辛く苦しいと感じている人へ 想像を自由に心から楽しむだけで、生きるのは楽しくなる
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
2017年04月09日 (日) | 編集 |
好きな人と一緒になる事、人に受け入れられ認められる事、生きるのに困らないくらいのお金が手に入る事、好きな事をして生きる事など、幸せは人によって様々です。
中には生きるだけで幸せだという人もいますが、大抵の人はそう思わないでしょう。
それでは誰もが認める幸せとはなんだろうか?
そんなものは存在しない。
幸せとは概念だ。
人が想像で生み出した実体のない概念。
求めた所で手にはいるはずがない。
それは自分で生み出すしかないのです。
私も生きるだけで幸せなんて信じられませんでしたが、想像をするだけで楽しい気分になれるのなら、幸せにもなれると気づき、想像できるだけで幸せなのだと気づきました。
想像は生きている限り、やめることは出来ない。
ある意味で生きているだけで幸せだと言う事です。
人は想像を楽しみ、満足するだけで幸せな気分になれる。
幸せという概念は人間が創り出した物で、物理的にそんなものは存在しない。
それは人間の想像の中にしか存在しないのです。
想像でしか、幸せを感じられないと言ってもいい。
幸せが概念だと分かっていても、物理的にそれを求めてしまうのは、何かに依存し、快楽を追い求めてしまうのと似ている。
物自体に幸せがあるわけではないと分かっているのに、追い求めてしまう。
効果は一時的な物で、効果が切れれば苦しむと分かっているのに。
幸せが想像でしか得られないのだとしたら、幸せを求める想像をする限り、永遠に幸せは得られません。
人間は自然にない概念を創りだし、生きてきた。
人があると思っているほとんどのものは、想像の産物です。
全ての概念は想像から来ていると言ってもいい。
想像によって、文字や言葉、人格や人間関係、社会が形成され、宗教、文化、科学を生み出した。
想像こそ人間の本質であり、人の世、社会が想像で成り立っているとさえ思えます。
それだけ想像の力は強い。
それを認識しないまま生きていると、想像によって自殺に追い込まれたり、暴走したりします。
想像の力をきちんと認識し、向き合いコントロールすることで自分の人生を歩めるのです。



関連記事
スポンサーサイト
テーマ:幸せになる考え方
ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可