現実を辛く苦しいと感じている人へ 想像を自由に心から楽しむだけで、生きるのは楽しくなる
2017年06月01日 (木) | 編集 |
人が幸せに感じるのは外部からの影響、情報ではなく、自分の中で幸せだと想像した時です。
いくら恵まれていても、自分は不幸だと思っている人間、身体に悪い物に手を出して破滅に向かう人間はたくさんいる。
なぜそんな事になるのか分からないと思った事のある人は多いでしょう。
ですが、それが事実です。
他人が本当に幸せかどうかは、外からは分からない。
いくら周りから幸せな環境だと思われていても、自分の中で幸せだと想像できなければ、幸せではない。
逆に他人の生き方を聞いて、自分がそうだったら幸せじゃないと思ってもその人にとっては幸せという事もあります。
想像でしか人は幸せになれないのです。
目の前の出来事自体に、幸せという物理的な実体があるのではなく、それを幸せだと想像することで幸せな気分になる。
実現することで幸せになっていると思い込んでいる人は多いが、出来事を幸せだと想像することで幸せになっているだけなのです。
しかし、人は事物自体に幸せがあると思い込んでしまう。
その思い込みが苦しみを生む。
いくら幸せを追い求めても、きりがないのです。
これを手に入れれば、これが出来れば。
そう信じながら行動し続ける。
しかし、いくら幸せだと思うものを手に入れても満たされる事はない。
すぐにその幸せはなくなる。
幸せに思うもの自体はそこにあるのに、幸せではなくなってしまう。
自分が幸せだと想像すれば幸せだし、不幸だと想像すれば不幸です。
幸せ幸せだと思う気持ち、想像自体なのです。
それはいつもすぐ側にある。

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII



ペットグッズのセレクトショップ「free stitch」
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:幸せに生きる
ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
何度もお邪魔してごめんなさいねww

>自分が幸せだと想像すれば幸せだし、不幸だと想像すれば不幸です。<

だからこれはどうやって導かれたのかを示さないと説得力がないんです。ただの勘ですか?論理的でないと正しいとは言わないんです。お邪魔しました。
2017/06/03(Sat) 21:34 | URL  | 絶対善進 #64owOXpE[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可