現実を辛く苦しいと感じている人へ 想像を自由に心から楽しむ事の大切さと幸せを伝えたい
2017年05月26日 (金) | 編集 |
世の中、無駄な事が一番楽しい。
周りから見れば、それは何の意味もない行為で生きるのに必要ないと思うでしょう。
だが、それがあるから人は生きる事を楽しめたり、活力を得たりしています。
必要だと思う事だけをして、生きられる人などいない。
人は皆、どこかで無駄な事をしています。
それこそが人の本質であり、大切なものだったりするのです。
誰もいない森で木が倒れたとき、音はするか?という有名な禅問答があります。
答えはもちろんない。
音は空気の振動だから音はする、音を認識する観察者がいなければ音は存在しないなど考える人は多いだろうが、それはただの思い込みです。
これで分かるのは、その人が思い込みをしているかどうかなのです。
禅は思い込みに気づき、その思い込みから開放されることを目的としています。
有名な禅問答に正解する僧の行動に意味はない。
意味を求めてしまうと、そこに思い込みが生じる。
思い込みに気づく事が正解なのです。
それを理解し、知識とする事だけでなく、実際にその状態になる事。
様々な思い込みが人を形作り、苦しめている事を知っていて、苦しみから解放される為に、それに気づく事を目的としているのが禅です。
思い込みを捨てる事に執着しては、それもまた思い込みになってしまう。
思い込みに実体が無い事に気付き、思い込みを利用して生きる事が肝要です。
禅はある意味で想像が人の本質である事を見抜いていました。
想像を楽しむ場合も、現実にこんな事あるはずないという思い込みに執着せず、好きな様に想像をする方が楽しいでしょう。
人は音楽や芸術、小説、漫画などの作品に触れ、想像が広げられる事に喜びを感じる。
想像が広げられる事で思い込みから解放され、自由に想像出来るようになる事で苦しみからも解放される。
それが楽しく、嬉しい。
以前は答えを出す事ばかりに気が向いて、この禅問答の意味に気づきませんでしたが、想像を深める事で気づけました。
現実的に考えてこうあるべきという想像が、苦しみを生む。
意味のある答えだけが、本質なのではない。
想像の様に形のない、現実に意味のないと思われている物が、生きるには大切です。

傷つきやすい人のための 図太くなれる禅思考



ワンちゃんのための総合ショッピングサイト
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:幸せに生きる
ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可