FC2ブログ
内奥に潜む母なる自然の源泉に気づいて
2017年05月08日 (月) | 編集 |
想像の世界を楽しんでいるといって、閉じこもるという訳ではない。
想像ばかりしているから、閉じこもるようになるんだと思っている人は多いが、それは逆です。
現実の事ばかり考えていたせいで、現実に堪えられなくなった時に現実から逃げる事しか考えられず、閉じこもるしかなくなるのです。
想像を否定することが、閉じこもる事に繋がる事さえあります。
そして閉じこもった後も、現実の嫌な事や倫理観を忘れることなく、自分を卑下し、苦しみ、傷口を広げていく。
中には、不安から自分の想像を楽しむ事さえ出来ず、何かに依存してしまう人もいる。
それでは悪化するばかりです。
想像を肯定し、楽しみ、自分と現実を肯定的に捉える力を取り戻さなければ、いつまでも抜け出せない。
何も出来ない時、前向きに考えらない時にいくら悩んでいてもしょうがない。
前向きに考えられるようにしなければ、いつまで経っても苦しみ続けるだけです。
一旦、現実を忘れ、想像を楽しむ事に集中しよう。
客観的に正しく現実を考えているつもりでも、それは思い込みに過ぎない事を理解し、想像を楽しむ力を育み、自分で考え、自分と現実を肯定的に楽しめる力を付ける。
苦しい時こそ、想像を自由に心から楽しまなければならない。
頑張れ、現実を見ろなどの言葉は、さらに自分を追い詰めてしまうのです。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:メンタルヘルス
ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可