現実を辛く苦しいと感じている人へ 想像を自由に心から楽しむだけで、生きるのは楽しくなる
2017年05月06日 (土) | 編集 |
現実逃避はいけない事だと思って、想像の中にいつでも楽しめる心の拠り所も作らず、苦しい現実ばかり考えていると人は壊れる。
そういう真面目な人ほど精神を病んでしまうのをよく知られています。
その逃げ場のない苦しい現実というのも想像に過ぎないのに。
現実逃避と批判している人でさえ、ありえないような思い込みや想像をしています。
そういう人ほど、現実を見ているようで根性論のような自分の身勝手な想像の現実を信じているのが分かる。
まともに聞く必要はない。
むしろ、現実ではないところに現実逃避をする場所を創る事が、現実をしっかり捉える事に繋がります。
普段から現実と想像の区別を意識し、想像することを楽しみ、想像力を鍛える事が必要です。
想像をコントロールしようとしなければ、自分をコントロール出来なくなる。
現実を理解していてコントロール出来ると思い込み、現実だけを頼りにする方が危険です。
現実ばかり考えている人が自分をコントロール出来なくなって苦しんでいる例はよくありますし、実際に私もなっていました。
子供の頃からいつも漠然とした不安を抱えていて、他人の顔色ばかり気にして生き、他人の気持ちを分かったつもりになって、被害妄想のような思い込みに苦しんでいました。
なぜ周りの子は平気なのだろうと不思議に思ったものです。
それもそのはず、皆が相手の気持ちをそこまで深く想像しているわけではないし、自分の様に悲観的に想像しているわけではないのです。
そんな想像をする必要もないし、それぞれ想像の世界は違うのだから。

磁石ペース66モデルDIY 子どもおもちゃ 積み木 四角、三角、半?、扇形 - 創意プレゼント想像力を育てる知育玩具


関連記事
スポンサーサイト
テーマ:メンタルヘルス
ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可