現実を辛く苦しいと感じている人へ 想像を自由に心から楽しむだけで、生きるのは楽しくなる
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2017年05月03日 (水) | 編集 |
皆がそれぞれ想像の世界を生きているということを知っておくだけでも、様々な場面で心を乱さずに済むでしょう。
特定の人だけが違うのはでなく、みんな違うのです。
誰もが自分の世界を持っていて、それは絶対の世界ではない。
常に変化しています。
他人の世界に染まる必要はなく、むしろ自分の世界を守らなければ苦しい思いをするのは自分です。
楽しい世界で生きるか、暗い世界で生きるか。
あなたの想像をどうするかは、あなた自身で決めていかなければならない。
現実も、個人の想像の集まりなら、個人の想像に影響を与えることで変える事が出来るかもしれないが、無理に考える必要はない。
理想論は一歩間違えばディストピアを築いてしまうことになる。
理想論というけれど、それは全体の理想ではなくて、少数、個人の理想です。
全く同じ理想を思っている人はおらず、一見同じ理想を目指してるように見えて、微妙に違い、それがまた争いに変わる。
言葉が同じでも、この世界に全く同じ事を考えている人間はいないのだから。
話し合えば変わる。
そう言って、私達は理想を押し付け合い、争ってきました。
皆が仲良くといえば、皆が画一的な考えをしなければならないでしょう。
そんな事は出来ないし、恐ろしい考えです。
誰かの決めた考えの通りに生きろと言うようなものです。
実際、そういう教育は逆に大きな影を人々の中に作りました。
その通りに生きない人間を否定し、差別し、叩く。
仲良くする所か、傷つけあう事になります。
画一的な理想を目指すのではなく、意見を出し合う事でお互いを尊重しあい、傷つけ合わない心を育む。
想像の力でそれは出来るでしょう。
現実を変えても何も変わりません。
自分が変わらなければ、何も変わらない。



関連記事
スポンサーサイト
テーマ:モノの見方、考え方。
ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/05/04(Thu) 05:23 |   |  #[ 編集]
Re: 提案させてください。
ありがとうございます
訪問してくれた方には感謝の気持ちを込めてなるべくお礼させてもらっています
あまり義務的にならないよう自由にして頂けたら嬉しいです
2017/05/05(Fri) 08:03 | URL  | 哲也(テツナリ) #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。