FC2ブログ
現実を辛く苦しいと感じている人へ 想像を自由に心から楽しむだけで、生きるのは楽しくなる
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2017年04月29日 (土) | 編集 |
想像なんてと思う人もいるだろうが想像の力は強い。
現実世界も結局は脳を通じてでしか感じられない。
実際に脳が目に見えない部分まで補完している事はよく知られています。
手品などで兎を見せ、うさぎを布の裏に隠す。
そうすると、布の裏に隠れているのは兎だと全員が答えるでしょう。
別の物が隠れているなど考えもしない。
現実には見えていないにも関わらず。
兎が隠れているというのは想像に過ぎないが、それでも現実だと疑わない。
だから、消えたり、兎じゃなくなったりすると驚きます。
想像も現実も脳にとっては同じ物なのです。
その機能がないと困ってしまう事もあるでしょう。
そして現実もほとんど想像です。
イスというものは物理世界に存在しない。
私達は座るもので、そういう形をしていればこれはイスだと想像をするでしょう。
ですが、大抵の動物はイスというものが分からない。
人間の赤ん坊でさえ、初めはイスという認識できないでしょう。
大人でさえ知らないモノを見たときは名前は分からないし、知っていても忘れたりもします。
当たり前のことですが。
イスという実体は、実際には存在しないのです。
私達は想像を通してしか、現実を認識できない。
だから、現実を変えるには、想像(認識)を変えるしかない。
その想像(認識)には、確固たるものどこにもなく、教育や環境で作られたものです。
自分の中でなら、それをどう変えようと自由です。
人それぞれ想像(認識)は違い、時代によって社会の形、現実(共通の想像)も変わるのですから。

磁石ペース66モデルDIY 子どもおもちゃ 積み木 四角、三角、半?、扇形 - 創意プレゼント想像力を育てる知育玩具


関連記事
スポンサーサイト
テーマ:モノの見方、考え方。
ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
初めましてかな
テツナリさん、おはようございます。

記事読ませて頂きましたが、驚きました。
自分も同じようなことを昔から考えていました。

この世の全てのもは、人間が想像し名前を考えたものです。
例えにあるイス、もし丸太をお洒落に人間が座るものにしていたら、人間はそれを想像からイスと呼びます。
この世の全てのもの、つまりは五感全て想像なのです。
若者は、美味しい、凄い、驚きなどを「マジ」の一言でで全て表しています。
仰るとおり、想像の違い、時代によって社会の形、現実(共通の想像)も変わる、その通りだと思います。

同じ疑問を持たれる方に始めた会えたことに、感謝です。

2017/04/30(Sun) 07:05 | URL  | おっさん #mQop/nM.[ 編集]
Re: 初めましてかな
ありがとうございます。
同じことを考えている人がいて、私も嬉しいです。
そうなんですよね。
私達は、想像でしか物事を捉えられない。
だからこそ、想像と向き合い、想像をコントロールしようとする事が大切だと考えています。
たぶん、他にも同じ事を考えている人がいると思います。
でも、その考えを深め、発信している人は少ないのかもしれません。
多くの人が想像と向き合うよう、想像の大切さが伝えられたら良いなと思っています。
2017/04/30(Sun) 19:34 | URL  | 哲也(テツナリ) #-[ 編集]
こんにちは、
おもしろいですね、そこを考えるのは。
椅子は、言葉の問題かなぁ。
僕たちの、座る、って行為と切り離せないし。
僕たち身体性が、
道端の段差を椅子にする。

なんにしても、僕たちがいなければ、
椅子がなくなるのは確からしいですね。
ひいては、宇宙は、僕たちを得て、
自らを想うことができた。
椅子をないとすれば、宇宙もないのよね。
2017/05/01(Mon) 16:41 | URL  | 青梗菜 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ありがとうございます
確かに。
想像がなければ、宇宙を想う事も出来なかったと思います。
宇宙が本当はどうなっているのか確かめるのは難しいですが、私達にとって想像が全てなのは確かなのかもしれません。
想像についてもっと考えを深めていきたいと思います。
2017/05/01(Mon) 20:01 | URL  | 哲也(テツナリ) #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。