FC2ブログ
内奥に潜む母なる自然の源泉に気づいて
2017年04月20日 (木) | 編集 |
カウンセリングには想像の楽しさ、想像する力を取り戻し、自分で考える力と生きる活力を蓄える方法を学ばせる物のように思える所が多い。
心の病を治すのに絵や箱庭などを使うイメージを使った治療法がよく使われている。
認知行動療法なども、結局は自分の想像を変えていく事が目的です。
学校の授業で必須科目にすれば良いのにと思いさえします。
現代人には必須のものだと思う。
学校にカウンセリングを置く所は増えていますが、やはり自分から行きにくい人もいるでしょう。
授業としてやってしまえば、抵抗感がなくなるかもしれない。
遊びのような感覚で楽しく出来る方法はたくさんあります。
しかし、教育としてやってしまうと効果が薄れるという話もあるので慎重になるのも仕方ない。
カウンセリングに思考を矯正させ、社会に適する機械みたいにするというイメージを持っている人もいるでしょうが、全く真逆の人間本来の力を取り戻す物です。
むしろ今の学校や会社、社会の教育の方が思考矯正の傾向が強いとさえ感じます。
カウンセリングは心の病を治すだけでなく、人生を楽しく充実したものに出来る事をもっと広めた方が良い。
誰しも一度は経験しておいた方が良いものです。
宗教にもカウンセリングのような側面を多々見受けられます。
懺悔をし、赦しを得ることで自分と現実を肯定的に捉えるようにしたり、神や精霊という超越的なものから、学び、信じる事で、現実ではなく自分の内面を主体に生きる。
それは、想像を肯定的に捉え楽しむ事で、自分と現実を肯定的に捉えられるようにし、想像から学び、現実と同じように扱う事で、現実ではなく想像を主体に生きる事と似ている。
神や精霊という超越性のものは、想像から生まれています。
自分の内面というのも、想像です。
昔から想像は人間の生活に根深く息づいてきました。
想像が人を人たらしめていると言えます。

【くまもとデコポン ご自宅用】
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:メンタルヘルス
ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可