現実を辛く苦しいと感じている人へ 想像を自由に心から楽しむだけで、生きるのは楽しくなる
2017年10月15日 (日) | 編集 |
全てが滅ぶからと言って、終わりがあるわけじゃない。
多くの人は、結果や答えばかりを重要視し、考え方などは二の次です。
勉強ではなるべく早く答えを出す事が大切にされる。
考え方よりも、決まった答えにたどり着く事が求められる。
結果や答えが出ても終わりではない。
考える事が重要なのであり、結果や答えはその副産物です。

考える事をどれだけ楽しめるかが生きていく上で最も大切な事だと思う。
自分で考えて生きる事を幸せだと思える事が大事です。
実現しなくとも、成功しなくとも、苦しくてもしたいと続けられる、幸せだと思い続けられる。
想像するだけで楽しめ続けられる。
それは最高の幸せです。


失敗したとしても、それは想像の肥やしに出来る。
幸せな想像を実現しなければならないと思うから苦しむ。
幸せな想像をするだけで良いのです。
世間の考える幸せに振り回される必要はない。
自分で幸せを想像し体験する。
それだけで幸せだと思います。

想像が変化する事も悪い事じゃない。
むしろ、変わるのが自然です。
それを止める事は出来ない。
想像の自由や変化を止めようとすれば、歪み、苦しむ。


初めに記されている通り、専門家でなくても分かるようとても分かり易く書かれていました。
自身の在り方と社会の在り方の相似や、感情の揺さぶり、混乱、不愉快の中に自分を支える力を見出す方法が語られています。

ゲシュタルト療法―その理論と実際



フィギュア通販サイト ホビーストック
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:幸せに生きる
ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可