現実を辛く苦しいと感じている人へ 想像を自由に心から楽しむだけで、生きるのは楽しくなる
2017年09月09日 (土) | 編集 |
もし明日、世界が終わるとしたら何が出来るだろう?
現実的に満足して滅亡を迎える事はできないでしょう。
限られた時間でしたい事を全て叶える事はできない。
叶えたとしても満足できるかは別です。
家族と一緒に過ごすとしても、幸せな気持ちにならなければ同じだと思います。

現実に囚われていたら、世界の滅亡が近づいている状態で幸せな気持ちにはなれない。
諦めて幸せな世界を想像し、楽しむ事が一番穏やかに過ごせる方法かもしれません。
それは祈る事と似ている。
助かる事ではなく、死んだとしても神の御許である穏やかな世界に行く事を祈る事と。
宗教を信仰する人は祈る事で、穏やかな気持ちになれるのでしょう。

現実ではなく想像を主体にする事で、どんな状況でも幸せに生きられると思います。
現実がつまらないと感じても、想像が楽しければ人生は楽しい。
そして、想像を楽しむようになれば、現実に対しての考え方も変わる。
楽しい想像する事が恐怖や不安を存在する事を許し、否定する事を止めて、そのままでも楽しく考える事が出来るようにしてくれる。


不安や恐怖が生じる事は仕方ない。
だが、それでも楽しい想像は出来ます。
不安や恐怖、様々な感情自体にはなんの力も無い。
ただ浮かんでくるだけです。

それに力を与えるのは自分の想像です。
それを拒絶しようとする事が、さらに不安や恐怖の影響を増幅させる。
その感情から意識を外し、他の事を想像する事が感情の影響を弱めてくれる。
そして今やらなければいけない事を考える事が出来るようになります。
想像を楽しめるようになると、他人の嬉しかった話なども自分も同じ事を体験したように感じられます。


読者がはまり込みすぎないよう、面白おかしく書かれています。
科学や数学の発展に多大な貢献をしてきた人達が、神秘にも深く通じていた事はとても興味深いです。

もっと哲学がわかる神秘学入門



ペット用品通販なら【アニマルガーデン】

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:幸せに生きる
ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可