現実を辛く苦しいと感じている人へ 想像を自由に心から楽しむだけで、生きるのは楽しくなる
2017年08月05日 (土) | 編集 |
想像の力によって、どんなに許せない相手を許す事が出来る場合があります。
他人の想像ではない、自分の想像によって。
どんなに他人から想像を変えるように言われて、自分の想像を言われるままに変えたとしても、それは自分を納得させません。
納得したように見えて、自分を抑え付けているだけです。
一時的には許したつもりになるが、徐々に苦しみとなって表出してくるでしょう。
他者から言われて許すのではなく、自分で想像し、納得して許せなければ、本当に許したとは言えない。
時には喧嘩をするのも良い。
なぜなら、怒りというのは本音を出させ、本当に自分の考えている事、相手の考えている事、両方が分かる。
これが凄く大事です。
自分や相手がを想像するのかを知るのは大切な事だと思う。
もし我慢したままでいれば、突然、噴出し取り返しの付かない事になる事もあります。
我慢すると言うのは分かり合う余裕の心を持っていないとも言える。
話し合いをした結果、袂を分かつならそれも仕方ない。
取り返しのつかなくなる前にそうした方がいいでしょう。
怒りをぶつけ合い、本音をぶつけ合う事が判断を正しい方向に向かわせる事もあります。
もちろん怒ることなく本音をぶつけ合えるならそれが良い。
それぞれが自分の考え、想像を深め、伝え合う事の大切さを理解していれば、それは可能かもしれません。

保健、医療、福祉、教育にいかす 簡易型認知行動療法実践マニュアル





関連記事
スポンサーサイト
テーマ:人生を豊かに生きる
ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可