FC2ブログ
現実を辛く苦しいと感じている人へ 想像を自由に心から楽しむだけで、生きるのは楽しくなる
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2018年07月10日 (火) | 編集 |
いじめも葛藤が出来ないが為に起こる
いじめは悪いからしてはいけないと教えても、正しいと思えば人は平気で人を叩く
そしていじめっ子と同じ事を言う
叩かれる方に原因があると
正しいとか悪いとかではいじめはなくせない

葛藤できるのにしようとしない大人が問題だ
自分の中の善悪を葛藤させるという選択肢さえ頭にない
社会や教育は明確に分ける事しか考えていない
いくら西洋の真似をしようとしても、上手くいくはずが無い
西洋が長年培ってきた相対化する能力を東洋は持ち合わせていないのだから

未熟な悟性を中心に据えれば、めちゃくちゃになるのは当然だ
東洋は善悪を葛藤させる能力を伸ばしてきた
そして日本には自然を神と敬い、共に生きる為に伸ばしてきた能力も残っている
元々の能力を使い、自分達のやり方で相対化する能力を伸ばす必要がある
葛藤も相対も大切だ

日本人の心を解く――夢・神話・物語の深層へ (岩波現代全書)




スポンサーサイト
テーマ:モノの見方、考え方。
ジャンル:心と身体

2018年07月09日 (月) | 編集 |
ロミオとジュリエットは葛藤の物語だ
両家は相手を愛する気持ちも、憎む気持ちもあった
まさに子供達が両家の葛藤を表現している
葛藤を抱えられる大人が葛藤を抱えず、未熟な者が影響されれば悲劇が訪れる
太守も両家も葛藤を抱えようとせずに大切なものを失った

シェイクスピアの作品では、自らの内の善と悪との葛藤を抱えられなかったが為に悲劇が起こっているものがある
内面の物語と言っていいのかもしれない
人が考えた作品なのだから、当然だろうけど
葛藤は内面で解消されなければ外面に出てくる
お互いに歩み寄れれば良いが、そうでなければ消しあう

ロミオとジュリエット (新潮文庫)




テーマ:モノの見方、考え方。
ジャンル:心と身体

2017年11月26日 (日) | 編集 |
想像を自由に楽しみ深めれば、どんな状況でも幸せな気持ちになれる。
それは逃げだと言う人もいます。
ですが、どんなに頑張っても現実的に救えない苦しんでいる人がたくさんいる。
その人達は不幸だったと苦しみながら死んでいくしかないのでしょうか?
みんなが心を一つにして救おうと思えば救えるのかもしれないが、それも出来ていない。

世界が平和になれるようなシステムを考えていくのは大切です。
環境によって苦しんでいる人がいるのを良しとしてはいけない。
しかし、どんなに平和になっても心が伴わなければ、幸せな気持ちになどなれないでしょう。
それならばと科学で人の心まで操作しようとすれば、人間は機械と同じになってしまう。
完璧なシステムなど現実にはありえない。
必ず浮き沈みはある。
それを仕方ないと沈む方の人達に諦めて貰うにはあまりにも酷でしょう。

もしあり得たとしても、その平和な世界で新たな問題が必ず出てくると思います。
まず、心に余裕を持つ術を深めていかなければ、何も変わらない。
人間は機械のように生きられないのだから。
いくら科学技術が進み、世界中が平和でみんなが楽に生きられるようになっても、心に余裕を持てなければ人は苦しむ。

人々の精神が成長しなければ、どんな政策を取ろうと何も変わらないと思います。
その為にはまず自分が余裕を持てるようになった方が良い。
余裕を持たなければ、他人を助けるのは難しいのだから。
恵まれた人間になれば余裕を持てるとは限らない。
経済的に恵まれていても、心は荒れ、優しくない人はいくらでもいます。
誰もが心に余裕を持てる方法。
それが心から想像を楽しむ事です。
内なるものを大事にする事が幸せに繋がる。


幸せってなんだっけ? 世界一幸福な国での「ヒュッゲ」な1年



フィギュア通販サイト ホビーストック
テーマ:幸せに生きる
ジャンル:心と身体

2017年11月19日 (日) | 編集 |
みんなが譲り合う事が出来れば、すぐにでも世界は平和になるかもしれない。
でも、それができない。
それは、心がそれを受け入れる準備ができていないからだと思う。

現実だけを見て、世界平和になるんだからやろうと言われても出来ない。
そこには、本当に出来るのか、自分の幸せは保障されるのかなどの不安や疑心が生じる。
絶対に上手く行くと分かっていても出来ないし、成功しないでしょう。
誰かが不安から別のことをすれば、崩壊してしまうからです。
それではどんなに上手くいくと証明されていても、成功しない。
お金のシステムはその見本になる。

システムの前に、人々が不安や心配に振り回されず、心を穏やかに出来るようにならなければ、世界平和などありえない。
それなのに科学的にシステムを確立さえ出来れば何とかできるのだと現実の事ばかりに囚われています。

ただ心を優しくすれば、清く正しく美しくいれば世界平和に繋がる訳でもないと思う。
心というものをどうすればいいのか。
不安や心配をどうすればいいのか。
それを考えなければならない。
想像が、その助けになってくれる。


それでも完璧なシステムが出来れば、世界を平和に皆が救われるという人もいるかもしれない。
それはいつだろう?
それが見つかるまで、苦しまなければいけない人はどれだけいるのだろう。
そんなのは待っていられない。
今すぐにでも救われたい人は大勢いる。

ヒュッゲ 365日「シンプルな幸せ」のつくり方 (単行本)



トイザらスのベビー・マタニティ用品通販 総合専門店 ベビーザらス オンラインストア

テーマ:人生を豊かに生きる
ジャンル:心と身体

2017年11月12日 (日) | 編集 |
毎日、違う自分が物語を想像し、幸せな気持ちになっていると考えてみる。
毎日、全ての記憶や想像、感情などを覚えている人間はいません。
毎日、同じ人格を保つ事はできない。
瞬間瞬間に人間は変わっています。
どんな人間も同じだと思う。
人間は毎日死んでいるようなものだとも言われている。

想像を楽しむ事は過去がなくなったとしても唯一問題なく出来る楽しみです。
想像した事を忘れても平気なように、想像を絵や小説にする事で長く繋げようとする人もいる。
想像が出来る生物として生きる限り、想像によって不幸も幸せも選べる。
それは死後がどうなろうと関係ないという事です。
死後がなかろうが、意識が残ろうが、何に生まれ変わろうが、想像ができれば不幸にも幸せにもなれ、想像ができないのなら不幸や幸せもない。

想像が出来るからこそ苦しみ、想像が出来るからこそ楽しめる。
想像こそが自己の存在から何まで全てを意味付けている。
現実で守らなければならない規律があるのは仕方なくとも、想像を自由に楽しめれば幸せです。
逆に現実と同じように、想像を不自由にすれば不幸と感じるでしょう。


人生の99%は思い込み―――支配された人生から脱却するための心理学





テーマ:幸せに生きる
ジャンル:心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。